動揺性の目眩の原因として、次のようなことが考えられるでしょう。 ・脳障害 ・動脈硬化 ・薬物 ・ストレス 動揺性の目眩の場合、脳の障害が原因で起きている可能性があります。 脳の障害が原因だと激しい頭痛や吐き気なども伴うので、早めに病院に行き、治療を受けてください。 場合によっては、命に関わるような重大な病気の可能性もありますから、すぐに病院に行くようにしましょう。 また、生活習慣病の一つでもある動脈硬化が原因で、動揺性の目眩を起こすこともあります。 この場合は、生活習慣の見直しを行えば、症状が改善するはずです。 それに、処方されている薬の副作用が原因で、動揺性の目眩が現われることもあるでしょう。 薬物が原因だと感じる場合には、自己判断で使用を中止したり、量を減らさずに担当医に相談してください。 それから、過度なストレスを感じると自律神経が乱れてしまい、それが動揺性の目眩を引き起こすケースもあるようです。 この場合は、ストレスを減らさないと症状が改善しないので、リラックスできる時間を設けるようにしてください。 もし、自分でストレスを解消できない場合は、精神科や心療内科の医師に相談するようにしましょう。